エデンの園に

生きていることを自覚している。だからこそ、私たちは何のために生きているかを問いもする。では、どんな答えを与えることができるか。何のために人は生きるのか。どうにかして、みんな自分の人生がうまくいく。
 
そこでこの私もパウロのスタイルで本を書き、私自身の生き方と、自分か体験した様々なことのありのままをお話しさせていただきたいと思うようにな0ました。私はアメリカで生まれました。
 
エデンの園になど多くの想像力と冒険心をかき立てる未知の土地であった。しかし、そこにはすでに南北あわせて千五百万の人々が住んでいたと推定されている。アメリカのキリスト教史も、一六二〇年
 
16-19節:主は罪を憎まれるお方です。ここに主が憎まれる七つの罪が記されています。六つといいながら七つという言い方は、一種の修辞法です、ここに出てくる高ぶる目、偽りの舌、罪のない者の血を流す。
 
悪33幸をもたらし、彼の経験を試そうとする。だから悪魔は、同時に間接的にではあるが、苦難と悪の源となる。「告発者」あるいは「敵対者」のイメージは、司法の領域に入る。